ロゴ
Home | About Us | Contact Us | Site Policy | Access Map

日本文学協会

第38回研究発表大会

 日 時 7月8日(日)

 場 所 金沢大学

 

古代前期部門 11時00分開始
「見るな」の禁忌とその犯しにおける視線                   生駒 桃子
『古事記』における言語行為語に関する考察           アンダソヴァ マラル
宍に妬く女                                     加藤千絵美
白水郎歌十首考                                  飯島  奨
制度に反する恋愛と歌垣                            遠藤耕太郎

古代後期部門
〔第一会場〕 11時05分開始
『枕草子』「清涼殿の丑寅の隅の」における芳子の逸話          村田  駿
『源氏物語』藤壺の死                              春日 美穂
「物語」の「ついで」に語られる浮舟                       小泉  咲
清少納言と白居易の表現                           張  培華
『源氏物語』蜻蛉巻における宮の君の女房出仕              山口 一樹

〔第二会場〕 13時00分開始
『夜の寝覚』における「書く」ことをめぐって                  宮下 雅恵
明石の尼君の呼称変化                             神原 勇介
歌ことば「あき」の盛衰                              室田 知香
『源氏物語』の「見はつ」                             篭尾 知佳

中世部門  11時00分開始
『千載和歌集』神祇部の編纂にみる藤原俊成の和歌観          古家 愛斗
『河海抄』出典注記における「或」云々の機能                渡橋 恭子
『古事談』の出典に関する一考察                       鈴木 和大
徒然草と後醍醐天皇                               栗田  進
『恋路ゆかしき大将』巻一の制作背景をめぐって              横山 恵理

近世部門 13時30分開始
『諸国百物語』における地神を中心に                    岡島 由佳
叫喚する「鬼」の根拠                              石上  敏
十八・十九世紀の「心」の認識と表象                     門脇  大

近代部門
〔第一会場〕13時10分開始
国木田独歩「武蔵野」                             伊東 弘樹
森鷗外と仏教                                  岩谷 泰之
小酒井不木「三つの痣」論                           鈴木 優作
江戸川乱歩『パノラマ島綺譚』における前衛                西川  蘭

〔第二会場〕11時05分開始
堀辰雄における「部屋」の表象                       吉原万里矢
中野重治「模型境界線」論                           廣瀬 陽一
小川未明と満州事変                             増井 真琴
恐るべき子の〈創造〉                             佐藤未央子
太宰治・津島佑子の障がいへのまなざし                  野田 晃生

〔第三会場〕11時05分開始
山手樹一郎を中心とした占領下における時代小説の変転        影山  亮
故郷をめぐる葛藤                                趙  松娟
ふたつの『宗方姉妹』                              宮本 明子
安部公房初期作品研究                             解   放
清太を生かすもの                                德永  淳

〔第四会場〕11時05分開始
「道徳教材」にされた或る戦後児童文学                   島村  輝
土方巽「病める舞姫」論                            劉  夢如
テクスト・歴史・差別                               亀有  碧
戦後世代の「戦争体験」                            松田  樹
去勢と動物表象                                西原 志保

国語教育部門 13時10分開始
死者は生者のなかで生きる                         丸山 義昭
小川洋子「巨人の接待」の教材的価値                   齋賀 万智
『宇治拾遺物語』「絵仏師良秀」を読む                   武久 康高
詩を読む授業                                  今井 成司

(副題、所属省略。終了後17時30分より懇親会)


ページトップへのボタン このページのトップへ


Copyright (C)2006 日本文学協会, All Rights Reserved.