ロゴ
Home | About Us | Contact Us | Site Policy | Access Map

後藤康文・倉田実・久下裕利編『狭衣物語の新世界』


2019年2月25日 武蔵野書院刊 269頁 3000円+税


文学史上の狭衣物語
   ――〝衒学〟の美学――(後藤康文)
『狭衣物語』の成立とその作者(久下裕利)
『狭衣物語』の異文と改変(今井久代) 
『狭衣物語』と『源氏物語』
   ――その時代相を中心として――(倉田実) 
『狭衣物語』と六条斎院物語歌合(井上新子) 
狭衣と源氏宮
   ――その形代となる宮の姫君まで(萩野敦子) 
狭衣と女二宮
   ――その即位まで(倉田実) 
狭衣と飛鳥井君
   ――その娘の行方まで(野村倫子) 
『狭衣物語』の人脈と空間
   ――二人の姫を巡る人脈と堀川邸西の対という空間――(井上眞弓) 
『狭衣物語』の超常現象
   ――天稚御子降下と天照御神託宣――(鈴木泰恵) 
『狭衣物語』の引歌・歌ことば
   ――作中歌の形成と受容をめぐって――(後藤康文) 
『狭衣物語』の古筆切(久下裕利) 『狭衣物語』の注釈書(川崎佐知子) 
『狭衣物語』――研究の現在と展望
   ――付、二〇〇〇年以降の研究文献目録(有馬義貴)


ページトップへのボタン このページのトップへ


Copyright (C)2006 日本文学協会, All Rights Reserved.